« 藤原大士の一日一言 
1342話「跡取り」という考え
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1344話 目標と軌道修正 »

2012年10月11日 (木)

藤原大士の一日一言 
1343話 目標は、何をいつまでにを明確に 

「やろう!」という気持ちがあっても、
『いつまでに、何を、どうしたい』ということが、
具体的に決まっていないと、
ついつい先延ばしにしてしまう事が多い。

そして気がついたら、ひと月が過ぎていた、
一年が過ぎそうになっている・・
と言うことはないだろうか。

時はその一瞬を逃すと、あっという間に、
手の届かない、遙か彼方に行ってしまう。

「やろうとすることは、何を、いつまでに」
これを是非明確にして、
出来たかどうかの見直しも
忘れずに行なおう。

それが一割も出来ていないか、
三割は出来たのか、
五割までこぎ着けたのか、八割こなせたか、
ほぼ全部の目標を達成出来たか。

人が評価するのではない、
自分が行なう採点表、
はたしてどのくらい出来ているだろうか。

たとえ今、一割にも満たなかったとしても、
(つまり言うだけ、思うだけで、行動が伴わない)
それを三割に上げるには、どうしたらいいか、
五割に上げるには、八割にするにはと、
工夫していけばよいことだ。

まずは自分の現状を採点してみては
如何だろうか。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1342話「跡取り」という考え
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1344話 目標と軌道修正 »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55864834

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1343話 目標は、何をいつまでにを明確に 
:

« 藤原大士の一日一言 
1342話「跡取り」という考え
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1344話 目標と軌道修正 »