« 藤原大士の一日一言 
1344話 目的とバランス 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1346話 時の経過は、苦いか嬉しいか »

2012年10月15日 (月)

藤原大士の一日一言 
1345話 見直す基準とは

今日は、第1343話 目標と軌道修正 を受けて

計画には、年間計画、四半期の計画、
月毎の計画とあるが、その見直す基準は、
基本的には、次に繋ぐことが出来るかどうかを見る。

たとえば月二回の見直しの時には、
それが月の計画を達成するまでに
なっているかどうかが基準だ。

月の計画に対して、出来れば月半ばで、
七割くらい達成できているかを見る。

この時に、「まだまだ月の半ば、
半分出来ていればいいや」と思っていると、
半分にも満たない事しか出来ないことになる。

月中で、七割くらい達成して、
月の後半では、その調整とより工夫を加えて
より確かなものにする。

ひと月漫然と過して、月の最後になって、
あーあ、今月も終ってしまった。
資金が足りないなどということに
なってはならないのだ。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1344話 目的とバランス 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1346話 時の経過は、苦いか嬉しいか »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55908303

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1345話 見直す基準とは
:

« 藤原大士の一日一言 
1344話 目的とバランス 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1346話 時の経過は、苦いか嬉しいか »