« 藤原大士の一日一言 
1349話 人を活かす基本
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1351話 落ち込むなかれ »

2012年10月20日 (土)

藤原大士の一日一言 
1350話 やる気と信用

土壌が荒れ果てているときには、
種を蒔いても、なかなか芽は出ない。

今の仕事が芽を出すことが出来る土壌、
たとえば対外的な信用や、人のやる気、
などといったものはどうだろうか

自分が相手方だったら、今の自分のところと、
喜んで取引をしたいと思うだろうか。
社内の人の心は、前向きになっているだろうか。

一旦失った信用や、やる気が失せて、
だらけた状態からの切り替えは、
土壌改良から取り組む覚悟が必要だ。

土壌を作りかえるためには、
たゆまぬ汗と、大変に地味な努力が必要で、

その努力は、時間がかかることもあり、
また即結果に結びつきにくいが、
そこでへこたれてはいけない。

その努力が、土壌改良に繋がったとき、
そこから先は、蒔いた種が芽を出すことも、
良い成果を出していくことも可能だからだ。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1349話 人を活かす基本
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1351話 落ち込むなかれ »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/55908577

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1350話 やる気と信用
:

« 藤原大士の一日一言 
1349話 人を活かす基本
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1351話 落ち込むなかれ »