« 藤原大士の一日一言 
1356話 心の目を開くには
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1358話 健康とストレス »

2012年10月27日 (土)

藤原大士の一日一言 
1357話 十月にしておくべきこと

来年の構想などは、
いつ頃に練りはじめたらいいのだろうか。

新年になってから、「今年の計画は・・」
と立てようとする人がいるが、
それでは年の初めから、出遅れてしまうことになる。

だから来年の構想は、
この十月ころから、練るのがよいと思う。

その為には、まず今年の今までの見直しから、
はじめて、来年の構想に繋げよう。

今は、十月(も終わりに近づいた)
一年の計画の八割以上、進んでいるだろうか?

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言 
1356話 心の目を開くには
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1358話 健康とストレス »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/56003338

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
1357話 十月にしておくべきこと
:

« 藤原大士の一日一言 
1356話 心の目を開くには
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
1358話 健康とストレス »