« ◆ お知らせ ◆ | トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1390話 社会人も復習を »

2012年11月28日 (水)

藤原大士 の 一日一言
1389話 経営を取るか、現場を取るか

ある建築会社の社長さんは、
「仕事が、生き甲斐」だといい、
現場に出るのが、何よりも好きなのだと言われた。

だからどんなに長い時間でも喜んで働けるが、
現場から離れて、経営に携わることは、
ご本人にとっては、かなり苦痛を感じておられた。

では経営は、奥さんなり、別の人に任せて、
あなたは現場をされたらと言っても、
それもメンツにかかわり出来ない。

なまじ仕事が順調で、次々に仕事が入り、
規模を拡大しなければならないとき、
現場から離れられない人は、
そう言った意味で、行き詰まることが多い。

経営を取るか、現場を取るか。
仕事が大好き、現場が大好きという人は、
経営能力のある人と
上手に組むことを考えるのも一案だ。

ホンダの本田宗一郎氏と藤沢武夫の出会いが
良い成功例として有名だ。
そして世界的な大企業に育て上げた。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« ◆ お知らせ ◆ | トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1390話 社会人も復習を »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/56207882

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士 の 一日一言
1389話 経営を取るか、現場を取るか
:

« ◆ お知らせ ◆ | トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1390話 社会人も復習を »