« 藤原大士 の 一日一言
1396話 朝日を浴びる効用
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1398話 分岐点と決断 »

2012年12月 6日 (木)

藤原大士 の 一日一言
1397話 いつまで頑張ればいい?

やってもやっても、芽が出てこない。
どこまで頑張ればいいのだろうか・・
いつまで続ければ、いいのだろうか、
と思うことはないだろうか。

ある人が言った。
自分が信念を持って進めようとすることならば、
成功するまでやり続けるのだと。

中途半端にやり、一度や二度ダメだったくらいで、
簡単に諦めるなと。

くじけそうになった時には、
「諦めるな。諦めない限り、開ける道はある」
と言い続けよう。

自分が信念を持ったことであれば・・

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士 の 一日一言
1396話 朝日を浴びる効用
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1398話 分岐点と決断 »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/56261236

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士 の 一日一言
1397話 いつまで頑張ればいい?
:

« 藤原大士 の 一日一言
1396話 朝日を浴びる効用
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1398話 分岐点と決断 »