« 藤原大士 の 一日一言
1401話 志はあるのに、なぜ?
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1403話 他人事として聞いている間は »

2012年12月11日 (火)

藤原大士 の 一日一言
1402話 先憂後楽

先憂後楽という言葉が在る。
人に先んじて憂い、人に遅れて楽しむということだが、
ほとんどの人は、その反対の方法をとりがちだ。

先に楽しんで、後のことは考えない。
その時になってから、考えようとする人が、
多くなっては、いないだろうか。

しかし、人の上に立つ人こそ、
先憂後楽の気持ちが必要だ。

大事なことは、その時になって
慌てて考えたのでは、間に合わないからだ。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士 の 一日一言
1401話 志はあるのに、なぜ?
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1403話 他人事として聞いている間は »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/56304204

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士 の 一日一言
1402話 先憂後楽
:

« 藤原大士 の 一日一言
1401話 志はあるのに、なぜ?
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1403話 他人事として聞いている間は »