« 藤原大士 の 一日一言
1402話 先憂後楽
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1404話 自分を否定しては、殻は破れない »

2012年12月12日 (水)

藤原大士 の 一日一言
1403話 他人事として聞いている間は

どんなに大事な話でも、
貴重な体験談であっても、
それを他人事として聞いている間は、
自分の中には入らず、上滑りをするだけだ。

その話を自分に置き換えて、
自分が行なう前提で聞いて、
はじめて聞こえてくるもの、
感じ取れるものが出てくる。

「・・なんだってさ」
と他人事として聞いている間は、
何一つ大事なところは、
自分の中には入ってこない。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士 の 一日一言
1402話 先憂後楽
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1404話 自分を否定しては、殻は破れない »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/56310162

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士 の 一日一言
1403話 他人事として聞いている間は
:

« 藤原大士 の 一日一言
1402話 先憂後楽
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1404話 自分を否定しては、殻は破れない »