« 藤原大士 の 一日一言
1411話 繰り返し聞く効用
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1413話 行動を身軽にするには »

2012年12月21日 (金)

藤原大士 の 一日一言
1412話 聴き方にも、一工夫

前話で、大事な話はテープ起こしなどをすると、
繰り返し聞き直すために、
自然に内容が自分の中に入ってくる
という話をしたが、実は例外がある。

それはただ言葉を機械的に打っている場合。

職業としてのテープ起こしをする場合には、
依頼された相手の話に、関心を寄せたりせずに、
機械的に正確に打つ事のみを求められると思うが、

関心を持って講演を聴きに来ている人が、
テープ起こしをするときには、
「この話の意図するところは?」と思って
聴き直すことが、大切だ。

その聴き方一つで、中身が深く理解出来たり、
ただ聞き流しただけで終ってしまう
という違いが出てしまう。

同じ時間と労力をかけるのならば、
深く理解出来て、自分のものになる
聴き方の一工夫をしてみよう。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士 の 一日一言
1411話 繰り返し聞く効用
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1413話 行動を身軽にするには »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/56381647

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士 の 一日一言
1412話 聴き方にも、一工夫
:

« 藤原大士 の 一日一言
1411話 繰り返し聞く効用
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1413話 行動を身軽にするには »