« 藤原大士 の 一日一言
1419話 人としての存在の見直し
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1421話 自分さえ良ければからの脱却 »

2012年12月29日 (土)

藤原大士 の 一日一言
1420話 一夜飾りが、なぜダメか

お正月の門松や松飾りは、
何のために飾るのだろうか。

それは歳神様を
それぞれの家にお迎えする為だ。

新しい年の歳神様は、元旦の朝ではなく、
一日早い三十一日の早朝に、
それぞれの家に来られる。

そしてその一日で、今までの歳神様と、
引き継ぎをなさられるのだ。

だから三十一日になって玄関飾りなどを
飾っても、歳神様は来られた後で、しかも
「あぁ、この家は歳神を迎え入れる意志はないのだな」
とその家には入らずに、帰ってしまわれた後だ。

だから遅くとも三十日までには、
松飾りなどを飾って、歳神様をお迎えするのに
間に合うようにしよう。

三十一日では、間に合わないのだ。
それが、一夜飾りはダメと言われる理由だ。


今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士 の 一日一言
1419話 人としての存在の見直し
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1421話 自分さえ良ければからの脱却 »

年中行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/56417756

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士 の 一日一言
1420話 一夜飾りが、なぜダメか
:

« 藤原大士 の 一日一言
1419話 人としての存在の見直し
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1421話 自分さえ良ければからの脱却 »