« 藤原大士 の 一日一言
1435話 日の光のありがたさ
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1437話 死中に、活路を見いだす »

2013年1月14日 (月)

藤原大士 の 一日一言
1436話 肩こりとは、無縁の生活を

趣味で野球をしている人が、
それをやめた途端に、
肩こりを覚えるようになったそうだ。

ピッチャーをしていたとのことだが、
大人になると、「振りかぶって第一球」
といった腕を上げたり、
肩を回す動作は、ほとんどしなくなってしまう。

気がついたら、固まっていたという事も多い。
時々、肩甲骨から動かすような気持ちで、
腕を回したり、肩を動かす。

あるいは、「万歳!」でもいいから、
両手を肩の上に上げる動作を
してみては如何だろうか。

現代人に、肩こりとは無縁の生活は
なかなか厳しいが、

なるべく腕をあげ、肩を回して、
巡りをよくしていこう。

◆今日は、神道のブログも更新しました。
第87話 大寒と禊ぎ
http://soseinippon.way-nifty.com/shinto/

よろしければ、こちらもどうぞ

|

« 藤原大士 の 一日一言
1435話 日の光のありがたさ
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1437話 死中に、活路を見いだす »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/56544760

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士 の 一日一言
1436話 肩こりとは、無縁の生活を
:

« 藤原大士 の 一日一言
1435話 日の光のありがたさ
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1437話 死中に、活路を見いだす »