« 藤原大士 の 一日一言
1454話 新しい月の初めに
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1456話 年輪 »

2013年2月 2日 (土)

藤原大士 の 一日一言
1455話 体調を崩した時に、受け入れられるもの

健康なときは、わかりにくいが、
体調を崩した時などには

今まで平気で食べられていた物が、
食べられなくなるときがある。

身体が受け付ける食べ物と、
受け付けないものが出てくる。

「これは、栄養があるのだから」
「食べないと、良くならないよ」と、

ついつい健康な人は、そのままの常識で
言いたくなるが、その身体に良いものすら
体調によっては、吸収出来ないときもある。

どんな栄養も、身体が吸収出来てこそ。

身体と相談という言葉があるが、
身体が受け付けるもの、
吸収できるものを、身体と相談し

模索して、最善の道を探して、
命の炎を繋いでいく。
そんな時もあるのだ。

だから見るのは、栄養学の常識ではなく命。
ギリギリの時にこそ、吸収出来るものは何か、
身体と命に、問いかけていこう。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士 の 一日一言
1454話 新しい月の初めに
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1456話 年輪 »

健康・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/56690748

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士 の 一日一言
1455話 体調を崩した時に、受け入れられるもの
:

« 藤原大士 の 一日一言
1454話 新しい月の初めに
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1456話 年輪 »