« 藤原大士 の 一日一言
1456話 年輪
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1458話 人の目に触れるまでにする努力 »

2013年2月 4日 (月)

藤原大士 の 一日一言
1457話 立春

今日は、二十四節気の立春。

茶摘み歌にある「夏も近づく八十八夜」や、
台風の到来を表す「二百十日」「二百二十日」等も、
立春から数えての日にちだ。

また立春は、神様の世界のお正月に当たる
とも言われている。

万物のものが、総て芽吹き、
息吹なし、新たな巡りが始まる日。

肌で感じる季節は、まだまだ寒さの中だが、
まだ表に出ていない所では、
早くも春の芽吹きのための切換がなされている。
そんな大切な日だ。

二十四節気は、耳慣れない言葉も多いが、
一足先に季節を先取りできるもの、
そして日本の伝統が、さりげなく織り込まれている。


今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士 の 一日一言
1456話 年輪
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1458話 人の目に触れるまでにする努力 »

神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/56726191

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士 の 一日一言
1457話 立春
:

« 藤原大士 の 一日一言
1456話 年輪
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1458話 人の目に触れるまでにする努力 »