« 藤原大士 の 一日一言
1459話 使い捨てにならないためにも
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1461話 自然治癒力の回復を »

2013年2月 8日 (金)

藤原大士 の 一日一言
1460話 その場しのぎの応答をしていると

得意先から問い合わせなり、
注意などを受けた時には、

どのような気持ちで、
それを受け止め、対処しているだろうか。

注意や苦情は、時として、
相手の腹の居所が悪く、ただの言いがかりで
言われる事も、少なくはないが、

その時に、なぜその注意が出たのか
そして苦情が出たのか、

そのココロを真摯に受け取らないと、
大きな仕事や大切な縁を
逃すことにも成りかねない。

また「その場を取り繕いさえすれば
それでいい」との応対をしていると

その場限りのつきあいの人しか、
自分の前には、出てこないことになる。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士 の 一日一言
1459話 使い捨てにならないためにも
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1461話 自然治癒力の回復を »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/56726206

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士 の 一日一言
1460話 その場しのぎの応答をしていると
:

« 藤原大士 の 一日一言
1459話 使い捨てにならないためにも
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1461話 自然治癒力の回復を »