« 藤原大士 の 一日一言
1473話 恩に報いるとは
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1476話 驕ることなく »

2013年2月25日 (月)

藤原大士 の 一日一言
1474話 師の恩に報いるとは

「親の恩に報いる」
「師恩に報いる」と言うことは、
親や師匠を何らかの形で、超えることだ。

それが最大の恩返しになると言うこと。
教えられたことを覚えるだけでは、
決して師を越える事は出来ない。

教えられたことを、咀嚼し、実行し、
さらに創意工夫を加えていくうちに、
新たな発想や、閃きなどが出てくる

また親や師は、「越えよう」と思って、
越えられるものではないが、

一心不乱に、実行している間に、
自分の中に大きな変化を起こし、
そして気がついたら師を越えていることもある。

そんな形で、師の恩に報いることこそ、
師となる立場の人としては、
最も望んでいることではなかろうか。

今日も、どうぞよい一日を!

|

« 藤原大士 の 一日一言
1473話 恩に報いるとは
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1476話 驕ることなく »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/56843196

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士 の 一日一言
1474話 師の恩に報いるとは
:

« 藤原大士 の 一日一言
1473話 恩に報いるとは
| トップページ | 藤原大士 の 一日一言
1476話 驕ることなく »