« 藤原大士 の 一日一言
1476話 驕ることなく
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1478話 職権の錯覚を起こさぬように »

2013年2月28日 (木)

藤原大士 の 一日一言
1477話 更に発展するか、衰退していくか

受けきれないほどに依頼が来ると、
人はついつい傲慢になる。

「してやっているのだ」
「受けてやるのだ」
と、言葉に態度にも出てくることになる。

そして依頼する方も、
「なんとか、お願いできませんか」
「どうかよろしく」
と、頼み込んでくるから、なおさらだ。

しかし傲慢な気持ちになった時が、頂点で、
そこからは下り坂になってしまう。

頼んで仕事をもらうところから、
依頼が多くなり、
そして受けきれなくなるほどになってきたときに、

あなたなら、どう考え、どう切り替え、
どう行動するだろうか。

今日も、どうぞよい一日を!

|

« 藤原大士 の 一日一言
1476話 驕ることなく
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1478話 職権の錯覚を起こさぬように »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/56862355

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士 の 一日一言
1477話 更に発展するか、衰退していくか
:

« 藤原大士 の 一日一言
1476話 驕ることなく
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1478話 職権の錯覚を起こさぬように »