« 藤原大士の一日一言
1478話 職権の錯覚を起こさぬように
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1480話 発散型か、鬱積型か »

2013年3月 2日 (土)

藤原大士の一日一言
1479話 その体験、どう受け止めるか

たとえそれが、
血の涙を流すほど辛い体験であっても、
それを乗り越えるために全力を挙げて、

「それはそれは、厳しかったが、
自分を育てる貴重な体験になった」
と受け止められる人と、

「こんなに辛い思いをするのは、自分だけだ」
「なんで自分だけ、こんな目に会うのだ」
と、世の中や天を恨んで、何もしない人がいる。

避けて通れるものなら、避けて通りたいが、
人生には、時には辛い体験、
厳しい体験をしなければならないこともある。

辛いときに、それをどう受け止め、
どう行動するかで、次の人生が変わって行くはずだ。

辛さをバネに、悔しさを力に変えて、
一回りも、二回りも大きく成長していこう。

今日も、どうぞよい一日を!

|

« 藤原大士の一日一言
1478話 職権の錯覚を起こさぬように
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1480話 発散型か、鬱積型か »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/56880754

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言
1479話 その体験、どう受け止めるか
:

« 藤原大士の一日一言
1478話 職権の錯覚を起こさぬように
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1480話 発散型か、鬱積型か »