« 藤原大士の一日一言
1488話 恩着せがましさの害毒
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1490話「今日くらい、いいだろう」の落とし穴 »

2013年3月20日 (水)

藤原大士の一日一言
1489話 誕生日の意味

誕生日は、その日が来ると一歳年を重ねる
という以外に大事な意味がある。

それは自分の天命と向き合う日、
人は生まれながらに、自分の天命を授けられているが、
それに気づき、日々を過ごせる人は少ない。

ちなみに天命とは、
天から与えられた寿命と
天から命じられた使命の二つの意味を持っている。

自分が、この世に生きている間に、
果たすべき事は何か、

自分は、何のために生まれてきたのか
改めて見つめ直しても良いのではなかろうか。

「天命に生きる」というと、
何か特別なことのように感じるかもしれないが、

人は生まれながらに、
必ず何かしらの役目を授けられて誕生している。

誕生日は、それに向き合う日でもある。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言
1488話 恩着せがましさの害毒
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1490話「今日くらい、いいだろう」の落とし穴 »

神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/57021055

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言
1489話 誕生日の意味
:

« 藤原大士の一日一言
1488話 恩着せがましさの害毒
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1490話「今日くらい、いいだろう」の落とし穴 »