« 藤原大士の一日一言
1497話 自分の声を聞いてみると
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1499話 天に向かって唾を吐くと »

2013年4月12日 (金)

藤原大士の一日一言
1498話 部下からの批判には

誰でも、本当は部下に好かれたい。
人望ある人、頼りになる上司、
仕事の出来る人と尊敬を集めたい・・

が、現実は決してそうならないし、
上司の悪口が、酒の肴になるほどだから、

批判は、必ずされているものと
腹をくくってしまう方が賢明だ。

自分が部下の立場だったときに、
上司や経営者を褒めちぎり、
心から心酔していただろうか。

人の上に立つとき、
風当たりや、批判は当たり前。

よく見られようと、変に媚びることよりも、
自分のすべき事は、何か、

人の上に立つ時、経営者ならば、
それに徹していくべきではなかろうか。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言
1497話 自分の声を聞いてみると
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1499話 天に向かって唾を吐くと »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/57162150

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言
1498話 部下からの批判には
:

« 藤原大士の一日一言
1497話 自分の声を聞いてみると
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1499話 天に向かって唾を吐くと »