« 藤原大士の一日一言
1519話 判断の基準は、何か
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1521話 必ず乗り越えられる »

2013年5月17日 (金)

藤原大士の一日一言
1520話 判断の基準を変えてみると

判断の基準とは、どんなことでしょうかと
問われたが、

たとえば品物を整理するとき、
この中の何を捨てようと選ぶのか、

何を残そうと選ぶのかで、
判断の基準も処理の速度も、変わってくる。

どちらが早いかと言えば、
捨てる物を選ぶより、残したいものを
上位から順に選ぶ方が速いはずだ。

もし船が沈みそうなときに、
どれを捨てたらいいかと、

あれこれと迷い、選んでいると
船が沈んでしまうのに
間に合わないかもしれないが、

これだけは何としても守りたいと、
残したいものを、パッと選んで、

残りを捨ててしまうのなら、
船が沈む前に、決断出来、
命も大事な物も守れるかもしれない。

「捨てる」という行為は同じでも、
その判断の基準が違うだけで、
決断の速さに差が出来てしまうはずだ。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言
1519話 判断の基準は、何か
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1521話 必ず乗り越えられる »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/57440464

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言
1520話 判断の基準を変えてみると
:

« 藤原大士の一日一言
1519話 判断の基準は、何か
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1521話 必ず乗り越えられる »