« 藤原大士の一日一言
1530話 世の中を写し出す鏡は?
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1532話 機会を手にする »

2013年6月 5日 (水)

藤原大士の一日一言
1531話 人の心は、金で買えるのか

「金を払っているのだから、
社員は虫けら同然だ」
などの暴言を吐いたり、

金の力で物事を解決しようとして、
誠意のない態度を取ると、

その時に相手は、黙っていても、
ある時期が過ぎたときに、
その反動はやってくる。

世の中のほとんどのものは、
金で買えるかもしれないが、

人の心は、なかなか買えるものではない。
買えると思うのは、表面の従順だけだ。

「万事は金で買える」と思うと
そのあたりからずれが生じ、

取り返しがつかないほど
大きくなるのではなかろうか。

中には、それで裁判沙汰になったり、
経理などの不正を仕組まれて
大変な損害を被った人もいる。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言
1530話 世の中を写し出す鏡は?
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1532話 機会を手にする »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原大士の一日一言
1530話 世の中を写し出す鏡は?
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1532話 機会を手にする »