« 藤原大士の一日一言
1549話 チャンスを捉える
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1551話 自分よりも優秀な人を
育てる »

2013年7月25日 (木)

藤原大士の一日一言
1550話 人に任せるということ

人に任せることが出来ず、
何でも自分で抱え込んでいたい人は、
経営者にはなれない。

「自分がした方が早い」
「自分がした方がうまくいく」
と言いたくなる気持ちを飲み込んで、

どの範囲は、人に任せられるかを決め、
そして育つ期間の辛抱をする。


それは任せられない人にとっては、
自分との戦いであり、
修行といってもいいくらい
厳しいことかもしれない。

しかしそれを乗り越えられたら、
今までの自分から一回り大きな仕事が出来るはずだ。
そんな努力をしてみては如何だろうか。

今日も、どうぞ良い一日を!

|

« 藤原大士の一日一言
1549話 チャンスを捉える
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1551話 自分よりも優秀な人を
育てる »

経営・人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原大士の一日一言
1549話 チャンスを捉える
| トップページ | 藤原大士の一日一言
1551話 自分よりも優秀な人を
育てる »