« あなたにとって神様とは | トップページ | 第3話 神社に、もっとお参りを »

2011年4月18日 (月)

第2話 神様は、どこにいらっしゃるの?

神様は何処にいらっしゃると思いますか?

昔から、ある人は「天高く、高天原というところにいらっしゃる」と言い、またある方は「自分の胸の中にいらっしゃるから、自分を大事にすればいいんだ」と言ってきました。

皆さんは、どう思われますか。この二つの答えは、どちらも正しいのですが、どちらも不完全なのです。

そのわけは、神様が、私達人類をお創りなられた時のことに、関係があります。

昔は、ものを作る時に、『鋳型』というものを先に作り、そこに鉄を熱して溶かしたものを注いで作りましたが、神様が私達人類を初めに作られたときには『霊成型』(ひながた)というもので先に人の形を作り、そこに神様の魂(御霊・みたま)を分け入れて下さったのです。

だから、神様は人類の親であり、私達一人ひとりの身体の中には、神様から頂いた魂(御霊)が、宿っています。「人は、万物の霊長」と呼ばれるのも、神様からの魂(御霊)をもらっているのは、地球上のすべての生き物の中で、人類だけだからです。

ご本霊は神様ご自身ですから、天高く、高天原にいらっしゃいます。そうして神様が与えて下さった『分け御霊』あるいは『ご分霊』とも言いますが、こちらは各人の中にいらっしゃるのです。

ですから、お子さんに「神様は、どこにいるの?」と聞かれたら、「天の高いところから、みんなを見守ってくれているのだよ。そして○○ちゃんの身体の中にも、神様が魂を入れて下さっているのだよ。だからどこにいても、神様から見えるし、○○ちゃんも自分の中の神様からもらった大事な魂を傷つけないように大事にしないといけないのだよ」と教えてあげて下さい。

そして「神様からの大事な魂は、自分だけでなくお友達みんなの中にも宿っているのだから、人を傷つければ、その人の中にいらっしゃる神様も傷つき、人に意地悪をすると、その人の中にいらっしゃる神様がみんな聞いておられるのだよ。」と話してあげることで、子供さんがまっすぐに育ち、いじめや、自殺なども激減するのではないでしょうか。

        今日の一日一言

 802話 速読と熟読

  http://soseinippon.way-nifty.com/blog/2011/04/802-7c52.html

|

« あなたにとって神様とは | トップページ | 第3話 神社に、もっとお参りを »

神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あなたにとって神様とは | トップページ | 第3話 神社に、もっとお参りを »